Swanson「ダイジェスティトール(Digestitol)」を購入してみました。 | 酵素入りのプロテイン(タイムリリース型)

ダイジェスティトール swanson

Swanson「ダイジェスティトール(Digestitol)」を購入してみました。

Swanson「ダイジェスティオール」カプセル・全60粒

原材料と栄養成分表示について

栄養成分表示

その他の表記

酵素名 酵素活性 含有量
Proprietary Enzyme Blend 28mg
Lactase(fungal) 900 FCC units
Bromelain(from pineapple) 36 GDU
Cellulase(from Aspergillus niger) 299 FCC units
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin 145mg
Protease 14,500 USP units
Amylase 14,500 USP units
Lipase 1,160 USP units
Bioperine® Nature’s Thermonutrient®(Piper nigrum, fruit)(standardized to min 95% piperine) 5mg
CereCalase® 5mg

他の酵素サプリと異なる点があります。

バイオぺリン®ネイチャーズサーモニュートリエント®
(黒コショウ果実由来/ピペリン95%標準化)

Source Naturals のバイオペリン
120タブレット(10mg/1個):980円

Natures Plus 「バイオペリン10」
60カプセル:890円

バイオぺリンは黒胡椒を基にした素材で、バイオぺリンを取り扱っているサビンサコーポレーションの公式サイトを調べてみると、同時に配合した成分の「生体利用効率を高める」、いわゆる栄養吸収促進が期待されています。

ダイジェスティトールで使われているバイオぺリンはサビンサのものとは異なるようで、Bioperin® Nature’s Thermonutrient®とありますが、どのようなものかはイマイチ分かりません。

バイオペリンのみのサプリメントは極めて少なく、当サイトで購入したものも2つしかありませんでした。

セレカラーゼ®

日本では全く見かけないもので、具体的な役割についてはイマイチ分かりかねる部分があります。ただ、海外のサイトでは普通に紹介されているので、その作用について詳しく知ることが可能です。

飲み方についての解説

飲み方については次のように書かれています。

SUGGESTED USE: As a dietary supplement, take one capsule with water immediately before each meal.

日本語に訳すと次のようになります。

飲み方:健康食品として、1粒を食事の直前に水と一緒に飲んで下さい。

栄養成分表示(Supplement Facts)の比較。

MRM「ダイジェストオール」と比較してみる。

酵素名 Digestitol Digest-ALL®
1粒あたり 2粒あたり
Amylase 14,500 USP units 15,000 DU
Glucoamylase 110 AGU
ProteaseⅠ 50,000 HUT
ProteaseⅡ 7,500 PC
ProteaseⅢ 100 SAP
Protease 14,500 USP units
Bromelain 36 GDU(from paineapple)
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin
Maltase 100 DP
Lipase 1,160 USP units 1,000 FCCLU
Lactase 900 FCC units 1,000 Lac U
CereCalase®(hemicellulase, beta-glucanase, phytase) 150 MU
Cellulase 299 FCC units(from Aspergiluus niger) 150 CU
Invertase 25 SU
価格 820円(60粒) 2,320円(100粒)
  • 価格は「Digestitol」の方が安く、バイオペリンなどの独自配合がある。
  • 酵素の種類は「Digest-All®」の方が多い。

Source Naturals「デイリーエッセンシャルエンザイム」と比較してみました。

酵素名 Digestitol Daily Essential Enzymes™
1粒あたり 1粒あたり
Amylase 14,500 USP units
alpha-Amylase 630 DU
Amyloglucosidase 2 AG
Protease 14,500 USP units
Acid Stable Protease 70 SAP
Bromelain 36 GDU(from paineapple)
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin
Vegetal Analog of Pancreatin 28,625 HUT
Lipase 1,160 USP units 375 FIP
Lactase 900 FCC units 40 ALU
Cellulase 299 FCC units(from Aspergiluus niger) 100 CU
価格 820円(60粒) 980円(60粒)
  • 価格は両者ともに1,000円以下である。
  • 「Digestitol」はバイオペリンなどの独自配合がある。

NOW Foods「オプティマル ダイジェスティブ システム」と比較してみる。

酵素名 Digestitol Optimal Digestive System
1粒あたり 2粒あたり
Amylase 14,500 USP units 7,000 DU(from Aspergillus oryzae)
Glucoamylase (from Aspergillus niger) 10 AGU
Diastase (from Aspergillus oryzae) 3,000 DPº
Protease 14,500 USP units
Protease (from Aspergillus oryzae) 42,000 HUT
Protease(from Aspergillus oryzae) 8,000 PC
Protease(from Aspergillus oryzae) 4 AP
Protease(from Aspergillus oryzae) 100 SAPU
Bromelain 36 GDU(from paineapple)
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin
Lipase 1,160 USP units 1,000 FIP(from Candida rugosa, Aspergillus niger and Rhizopus oryzae)
Lactase 900 FCC units
Invertase (from Saccharomyces cerevisiae) 800 SU
Cellulase 299 FCC units(from Aspergiluus niger)
価格 820円(60粒) 1,660円(90粒)
  • カプセルは「Optimal Digestive System」の方が小さいため、2粒で1粒と考えた方が良いかも。

Life Extension「エンハンスト スーパー ダイジェスティブ エンザイム」と比較してみました。

酵素名 Digestitol Enhanced Super Digestive emzymes
1粒あたり 1粒あたり
Amylase 14,500 USP units 10,000 FCC(DU)(A.oryzae)
Protease 14,500 USP units
Protease SP 25,000 FCC(HUT)(A.oryzae,B.subtilis)
Bromelain 36 GDU(from paineapple) 800,000 FCC(PU)
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin
Lipase 1,160 USP units 7,500 FCC(FIP)(C.rugosa)
Lactase 900 FCC units 2,000 FCC(ALU)(A.oryzae)
Cellulase 299 FCC units(from Aspergiluus niger) 2,000 FCC(CU)(T.longibrachiatum)
価格 820円(60粒) 1,410円(60粒)
  • 価格は「Digestitol」の方が安い。

KAL「Super Emzymes™」と比較してみました。

酵素名 Digestitol Super Emzymes™
1粒あたり 1粒あたり
Amylase 14,500 USP units
Diastase 3,400 SKB units/g
Protease 14,500 USP units
Papain 2,000 USP units/mg
Bromelain 36 GDU(from paineapple) 2,000 GDU
Pancreatin USP 4x(contains lactose from milk) equal to 580mg pancreatin Pancreatin(4x)
Lipase 1,160 USP units 8,000 USP units/g
Lactase 900 FCC units 10,000 FCC units/g
Cellulase 299 FCC units(from Aspergiluus niger) 1,017 FCC units/g
Pepsin 1:10,000
独自配合あり 独自配合多数あり
価格 820円(60粒) 1,680円(60粒)
  • 独自成分は「Super Emzymes™」の方が多く、タブレットも非常に大きい。
  • 価格は「Digestitol」の方が安い。

蓋を開けてみました。

中のシールが少し開けにくいかもしれない。

蓋です。

二つ目の蓋です。

ちょっと開けにくいかも。

中の様子。

Nutraceutical・KAL「スーパーエンザイム」は開けやすいように薄いフィルムが付いていましたが、こちらはそのようなものがありませんでした。端から丁寧に開けてみましたが、うまくいきませんでした。指を突っ込んで破いてしまうのもアリかもしれません。開封後、特に香りや匂いなどはありませんでした。

カプセルは大きめで他の海外サプリとそれほど変わりなし。

カプセルは大きめ。

メリットは60粒で820円(税込)と最安値であること

「バイオペリン」もまた魅力の1つ。

サプリンクス本店で販売されている消化酵素サプリの中では、60粒で820円(税込)とSource Naturals「デイリーエッセンシャルエンザイム」の980円(税込)よりも安いです。更に栄養吸収を促進するとされる「バイオペリン」が使われています。

最近日本でも注目されているバイオペリンですが、消化酵素サプリで使われているのは今のところ確認できるのはこれだけです。